作者別: admin

債務整理で気をつけること

「債務整理」は「借金を支払う能力がない方」を救済するための法的手段ですから、債務が0円になったり減額されたりする代わりに財産も失うことになったり、5年間は借金ができなくなったりするデメリットもあることを充分に理解してください。

債務整理をしたあと、借金をすると「詐欺罪」に当たる可能性があります。支払いができないから債務整理をしたのに借金をすることは矛盾するからです。特に過払い金請求の場合はブラックリストに載りません。だからといってガソリンスタンドやスーパーなどで提携のクレジットカードなどをうっかり作り、1円でも使用すると罪に問われるのでくれぐれも気をつけてくださいね。

「債務整理」はさまざまな種類がありますが、いずれの場合も専門家に相談することをお勧めします。自分でもできるのですが、書類をそろえるのには時間がかかります。
たいていの債務者は昼間は仕事をしていますから、債務整理のために仕事の時間を割くことはできませんよね。債務整理のために休みます、とも職場には言いづらいものです。確かに専門家に依頼すると手数料はかかりますが、自分がするべき時間を預けていると考えてみるのもいいのではないでしょうか。借金で苦しんでいる方はぜひ「債務整理」を考えてみてください。

債務整理をする方法

債務整理には「任意整理」「破産申立て」「個人再生」「特定調停」があります。「任意整理」とは裁判所を通さずに業者と直接交渉する方法ですが、ほとんどの方が弁護士か司法書士に依頼しています。任意整理をすることによって借金の返済額が減額されたり、支払い期間を延ばしたりすることが可能です。「過払い金請求」もこの中に入ります。

「破産申立て」は個人の借金でいうと「自己破産」になります。これは裁判所に出向く必要があります。自分の力で書類などをそろえるのもいいのですが、こちらもやはり専門家に依頼したほうがスムーズに行きます。

「個人再生」は2001年から始まった制度で、自己破産は避けたいが債務は軽減したいという方のための救済措置です。主に住宅ローンの返済が滞った方のための債務整理です。継続的に一定の収入が見込める方であれば、どなたでも利用することができます。破産申立ても個人再生も受理されると5年間は新たな借金をすることはできません。

「特定調停」は、簡易裁判所が債務者と債権者の間に入って返済額の減額や支払い期間の延長などを交渉してくれる制度です。任意整理と似ていますが、任意整理は専門家に一切任せられるのに対し、特定調停は自分で手続きを行い、裁判所にも数回出向く必要があります。その分経費はかからないのですが、メリット・デメリットをよく考えましょう。

借金の債務整理で人生やり直しを

ここ十数年の不景気で消費者金融などで借金をした人は多いでしょう。遊ぶためのお金は同情の余地はありませんが、生活費がどうしても足りずに借金せざるを得ない人もいます。しかし、借りたのはいいけれど、返済もままならない人がいるのも否定できません。

そんな借金の返済額を減らせる方法があります。あるいはまったく支払う必要がなくなったり、逆に業者から利息の過払い金を返還してもらえる場合もあります。そんな方法があればやってみたいですよね。
これは「債務整理」と言って種類としては「任意整理」「破産申立て」「個人再生」「特定調停」などがあります。また、これとは別に「過払い金返還請求」という方法もあります。

注意しなければならないのは、「債務整理」を行うと「信用情報機関」にその情報が登録されることです。いわゆる「ブラックリストに載る」ということです。
これは5年間保存されますので、一度ブラックリストに載ると5年間は新たな借金やローンはできませんし、クレジットカードも作れなくなります。しかし「過払い金請求」の場合はこのような登録はされません。

メディアなどでよく聞く言葉ではありますが、どうやって債務整理をするのか、誰に頼めばいいのかなど、詳しいことについては殆ど知らない人が多いのではないでしょうか。そこで、この記事では「債務整理」「過払い金請求」についてまとめてみました。少しでも借金を減らせるお手伝いになれれば幸いです。