債務整理で気をつけること

「債務整理」は「借金を支払う能力がない方」を救済するための法的手段ですから、債務が0円になったり減額されたりする代わりに財産も失うことになったり、5年間は借金ができなくなったりするデメリットもあることを充分に理解してください。

債務整理をしたあと、借金をすると「詐欺罪」に当たる可能性があります。支払いができないから債務整理をしたのに借金をすることは矛盾するからです。特に過払い金請求の場合はブラックリストに載りません。だからといってガソリンスタンドやスーパーなどで提携のクレジットカードなどをうっかり作り、1円でも使用すると罪に問われるのでくれぐれも気をつけてくださいね。

「債務整理」はさまざまな種類がありますが、いずれの場合も専門家に相談することをお勧めします。自分でもできるのですが、書類をそろえるのには時間がかかります。
たいていの債務者は昼間は仕事をしていますから、債務整理のために仕事の時間を割くことはできませんよね。債務整理のために休みます、とも職場には言いづらいものです。確かに専門家に依頼すると手数料はかかりますが、自分がするべき時間を預けていると考えてみるのもいいのではないでしょうか。借金で苦しんでいる方はぜひ「債務整理」を考えてみてください。